2005年06月06日

スクールガールディストーショナルアディクト 高田

焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!焦燥!
祈るように叫び、祝うように泣く。命の限り叫んでいたナンバーガール。

昨日は幹事会が開催されました。またまた熱い議論が繰り広げられ、時間があっという間に過ぎていました。13時から23時まで本当に突っ走ってました。期間が少しずつ迫り、焦燥感を少し感じました。けれど、そんなこと吹っ飛ばすくらいの勢いで皆で議論してました。企画のシュミレーションを行ったり。あーでもない、こーでもないとか言ったり。

そこには不安なんて存在していない。ただただ熱い思いだけが存在している。核心つく意見に確信づく。そう、そんな感じ。

「そこに少女がいた。そう、あれは透明少女。」の名セリフで有名なナンバーガール。まさに「そこに幹事会がいた。そう、あれは伝説の19期会。」
posted by 幹事会 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。